転職

特化型転職エージェントの特徴【転職活動が有利に進みます!】

特化型転職エージェントの特徴
転職活動で悩んでいる女性
転職活動で悩んでいる女性

転職エージェントには、特化型転職エージェントと総合型転職エージェントがあるみたいだけど、特化型転職エージェントってなに?

特化型転職エージェントの特徴や総合型転職エージェントとの違いについてわかりやすく解説しているサイトは無いかな?

また、特化型転職エージェントを利用するメリット・デメリットについて知りたい。

 

こう言った読者の悩みにお答えしていきます。

 

この記事を読むと分かること。

  • 特化型転職エージェントの特徴が理解できる
  • 総合型転職エージェントとの違いについて理解できる
  • 特化型転職エージェントを利用するメリット・デメリットが分かる

 

働き方改革により、転職や副業を始める人が増えている。

特に転職は誰でも気軽に始めることができ、年収アップさせる最速の方法と言えます。

実際に「転職と副業のかけ算」の著者であるmotoさんは、転職エージェントを利用して年収240万円から年収1000万円を達成した実績を持っています。

 

転職と副業のかけ算
【年収240万円だった地方のホームセンター店員が4回の転職を経て、年収1000万円にまで這い上がった転職方法。タイトルの通り、副業についても触れています。】

 

つまり、転職エージェントについての理解を深めることで年収1000万円を達成することができる可能性があると言うことです。

 

どーの先生
どーの先生
勿論、転職希望者の努力も必要です。

 

転職エージェントとは?

転職エージェントとは

特化型転職エージェントの特徴を話す前に、転職エージェントについて話をします。

 

転職エージェントとは、転職希望者の要望を聞き、転職希望者のニーズに合った求人情報を提供してくれる転職サポーターことです。

転職希望者は無料で利用することができ、手厚い転職サポートを受けることができます。

 

詳しくは、転職エージェントの仕組み【求職者が無料で使える理由】で解説しているので気になる方はこちらを参照下さい。

 

このように転職希望者の転職サポートをするのが転職エージェントの主な仕事です。

しかし、転職エージェントにはエージェントごとに特色があります。

このエージェントの特色を、

  • 特化型転職エージェント
  • 総合型転職エージェント

の上記2つに分類することができます。

 

上記を踏まえて、特化型転職エージェントの特徴についてみていくことにしましょう。

 

特化型転職エージェントの特徴

転職エージェント 特徴

世の中には、数え切れないくらいの仕事が存在します。

例えば、

  • 飲食店スタッフ
  • 自動車販売員
  • 金融やコンサル
  • 広告・Web・マスコミ
  • アパレル
  • 福祉や医療

 

こう言った専門的な仕事の人材紹介に特化したエージェントのことを特化型転職エージェントといいます。

 

特化型転職エージェントの特徴をまとめると以下の通りです。

  • 専門的な求人を取り扱っている
  • エージェントが専門分野に精通している
  • 現在のスキルを転職先でも活かしやすい

 

どーの先生
どーの先生
特化型転職エージェントの特徴については、メリット・デメリットの部分でさらに深掘りして話をしていきます。

 

総合型転職エージェントの特徴

総合型転職エージェント 特徴

一方、総合型転職エージェントは、幅広い分野の求人情報を取り扱っているのが特徴になります。

具体的には、先ほど紹介した業界の求人情報を取りそろえています。

  • 飲食店スタッフ
  • 自動車販売員
  • 金融やコンサル
  • 広告・Web・マスコミ
  • アパレル
  • 福祉や医療

 

上記の求人情報すべてを扱っているのが、総合型転職エージェントの特徴です。

 

総合型転職エージェントについては、総合型転職エージェントの特徴【転職活動が不利にならない方法】という記事でさらに深く話をしているのでそちらの記事もあわせて読むことで理解が深まります。

 

特化型転職エージェントを利用するメリット・デメリット

特化型転職エージェント メリット・デメリット
転職活動に悩んでいる女性
転職活動に悩んでいる女性
総合型転職エージェントが幅広い求人を扱っていて、専門的な求人も扱っているなら総合型転職エージェントを利用した方がよくない?

 

こう言った意見が聞かれます。

 

確かに、特化型転職エージェントが必要ないように感じてしまいます。

しかし、特化型転職エージェントがあると言うことは、総合型転職エージェントにはないメリットが存在します。

 

次は、特化型転職エージェントのメリット・デメリットについて見ていくことにしましょう。

 

特化型転職エージェントのメリット

特化型転職エージェント メリット

特化型転職エージェントは、自分が得意な業界の仕事について深く探すことができます。

特化型転職エージェントを利用するメリットは以下の5つです。

 

  • 現在の自分のスキルを最大限に活かすことができる
  • 業界全体の動向について理解することができる
  • 業界出身のエージェントが多く、業界に関する知識・経験が豊富
  • 企業とのつながりが深く、企業への融通が利きやすい
  • 転職活動におけるミスマッチを未然に防ぐことができる

 

上記5つのメリットについて、具体的な理由を解説していきます。

 

現在の自分のスキルを最大限に活かすことができる

特化型転職エージェントの利用を考えている多くの人は、今いる業界での転職を考えています。

 

どーの先生
どーの先生
私は現在保育士として働いていますが、この仕事に誇りを持っていますし、転職するなら今のスキルを活かしたいと考えています。

 

つまり、現在働いている業界での転職を考えているのであれば、特化型転職エージェントを利用することで今のスキルを活かした転職をすることができるのです。

 

また転職先で自分の力を発揮しやすく、企業側もあなたの能力を最大限に評価してくれ、Win-Winの関係を築くことができます。

 

転職を考えている保育士さんにおすすめできる特化型転職エージェントは、○○という記事で解説しています。

実際の体験談をもとに執筆しているので非常に参考になります。

 

業界全体の動向について理解することができる

IT業界はここ数年で目覚ましい成長を遂げて、私たちの生活をより豊かに快適にしてくれました。

特にGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)と呼ばれる大手大企業は、IT業界を代表する会社です。

 

IT業界に精通している人は、GAFAに憧れ一度は転職を考えたことがあると思います。

とは言え、ほとんどのIT業界に精通している転職希望者はGAFAへの転職活動を断念します。

 

しかし、特化型転職エージェントを利用することで、今後のIT業界がどう言った人材を求めているのかを知ることができます。

もし仮に、IT業界が求めている人材にあなたがなることができればGAFAへの転職も夢ではありません。

 

こういった業界情報の先取りができるのも特化型転職エージェントのメリットと言えます。

 

業界出身のエージェントが多く、業界に関する知識・経験が豊富

あなたが転職エージェントを利用するとして、どちらのエージェントからのアドバイスなら納得しますか?

  1. 業界経験のあるエージェント
  2. 業界経験の無いエージェント

 

恐らくですが、①の業界経験のあるエージェントの話なら聞いてみたいと思うはずです。

 

例えば、不動産の営業活動をしたいと考えているのに、元アパレル店員が担当エージェントになったら、その転職エージェントを利用する気が無くなりますよね?

 

以上のことから特化型転職エージェントを利用することで、事務的な転職サポートを防ぐことができます。

もちろん、業界に精通した生の声を聞くこともできます。

 

不動産業界への転職をお考えの方は、宅建Job宅建Jobエージェントから情報収集するのがおすすめです。

 

企業とのつながりが深く、企業への融通が利きやすい

特化型転職エージェントは、各企業とのパイプが太く信頼関係が強いと言えます。

そのため、企業への年収交渉や職場での待遇交渉などに非常に向いていると言えます。

 

例えば、転職エージェントが前職との強いパイプがある場合、そのコネを利用して転職活動を進めていくことできるというわけです。

さらに、転職希望者の能力や今後の成長が期待できるのであれば、さらなる好条件でのオファーを獲得できる可能性があります。

 

どーの先生
どーの先生
このあたりは、転職希望者であるあなたの力量が試されます。

 

他にも、長い付き合いのある企業も多くあり、そういった転職エージェントへの信頼が高い傾向にあります。

なので、エージェントがうまく交渉を進めることができたら、理想の職場への転職が行える確率がグッと高くなるのです。

 

良い面ばかりお話ししましたが、転職エージェントを利用すると必ずしもこのように話が進む訳ではないのであしからず。

 

転職活動におけるミスマッチを未然に防ぐことができる

特化型転職エージェントを利用することで、あなたが希望していない業界への転職を未然に防ぐことができます。

 

何故なら、自分の強みを活かすことができる職場を探すことができるし、自分で業界に強い転職エージェントを利用することができるからです。

 

百聞は一見にしかず、特化型転職エージェントの一部を紹介します。

IT業界へ転職 レバテックキャリア
広告・Web・マスコミ業界への転職 マスメディアン
不動産業界への転職 不動産キャリアエージェント

※上記の転職エージェントがおすすめというわけではありません。

 

上記転職エージェントは、業界に特化しているので希望外の求人情報を提供される心配はありません。

 

極端な例ですが、IT業界で転職をしたいのに不動産業界への勧められるというような心配もありません。

 

特化型転職エージェントのデメリット

特化型転職エージェント デメリット

特化型転職エージェントのメリットについて見てきました。

次は、特化型転職エージェントのデメリットについて見ていくことにします。

 

特化型転職エージェントのデメリットは以下の5つです。

  • 異業界への転職が難しい
  • 自分の新しい可能性を見つけることができない
  • 利用できる転職エージェントの数が少ない
  • 求人数が少ない
  • 地方に対応している転職エージェントが少ない

 

では上記5つのデメリットについて、順番に解説していきます。

 

異業界への転職が難しい

特化型転職エージェントは、業界に特化した求人情報を取りそろえています

ですので、その業界以外での転職活動は基本的にはできません。

 

例えば、保育士として転職を考えているのに、不動産業界特化型転職エージェントにキャリア相談してもエージェント側は理解できません。

 

どーの先生
どーの先生
こいつ頭おかしいのかな?と思われますよ。笑

 

以上の理由から、異業界への転職には向かないと言うことが理解できると思います。

ちなみにですが、異業界への転職を考えている方は、総合型転職エージェントを利用することをお勧めします。

 

自分の新しい可能性を見つけることができない

業界特化で転職をすると言うことは、今持っている自分のスキルを高めることに繋がります。

しかし一方で、自分の新しい可能性を捨てるというデメリットも存在します。

特に年齢が若い人ほど、注意しなければいけません。

 

例えば、保険の営業をしているとして、別の企業へ転職を考えているとしましょう。

ぶっちゃけた話、営業というスキルは色々な分野で重宝されます。

 

具体例を出してみましょう。

・大学
 → 企業からの求人情報を増やしてくれる営業マンがほしい

・IT業界 
→ 自社商品をPRできる営業マンがほしい

・不動産業界
→ 不動産を販売してくれる営業マンがほしい

 

業界によってどういった営業マンが求められているかは異なります。

しかし、どの業界でも自社の商品を販売してくれる人を必要としているのは事実です。

 

どーの先生
どーの先生
もし仮に、あなたの営業成績がトップクラスだった場合、別の業界から同じ仕事内容で今以上の高額をオファーを受けることができる可能性があるのです。

 

利用できる転職エージェントの数が少ない

業界に特化していると言うことは、対象となる人数に限りがあります。

そのため、総合型転職エージェントと比べて特化型転職エージェントの数は少ない傾向にあります。

 

さらに言うと、少ない業界の人材を転職エージェント同士が奪い合うという構図が生まれてしまいます。

 

 

つまり、特化型転職エージェントの比較が難しく自分に合ったエージェントが見つからないという可能性もあるのです。

 

求人数が少ない

少し考えれば分かることですが、仕事を絞れば求人情報は少なくなります。

少し具体例を出します。

 

どの業界でもOKな人材
→ 全ての求人が対象

飲食業界で転職を考えている人材
→ ①よりも条件に制限がかかる

外食業界で転職を考えている人材
→ ①、②よりもさらに条件が縛られる

 

つまり、限られた条件の中から求人情報を選ばなくてはなりません。

極端な話、あなたが希望する求人情報があるとは限らないのです。

 

地方に対応している転職エージェントが少ない

特化型転職エージェントの多くは、人口が多い地域での求人情報に力を入れています。

何故なら、人口が多い=転職してくれる可能性が高いと考えるからです。

特に保育業界の転職エージェントの大半は、関東地域に力を入れています。

 

どーの先生
どーの先生
実際に東京・千葉・神奈川・埼玉などの東京を中心とした企業のオファーはかなり多いです。

 

一方で、四国・東海地方などの地方と呼ばれる地域の求人数は数えるほどしかありません。

理由として考えられるのは、働き盛りの専門スキルを持った人材が都市部へと流れるからです。

 

どーの先生
どーの先生
事実として、都市部の方が地方よりも給料が高いですからね。

 

このように、特化型転職エージェントでは転職先の地域が縛られてしまうというデメリットも存在します。

 

特化型転職エージェントと総合型転職エージェントの違い

特化型転職エージェント 総合型転職エージェント 違い

ここまで読むと特化型転職エージェントと総合型転職エージェントの違いについて何となく理解ができたと思います。

 

情報を整理するという意味で、ざっくりと強みをまとめていきましょう。

 

特化型転職エージェントの強み

特化型転職エージェント 強み

特化型転職エージェントの強みは以下の通り。

  • 今までの職場経験を活かした転職ができる
  • 転職活動でのミスマッチを防ぐことができる
  • エージェントの多くは業界の情報に詳しい
  • 業界の最新情報を得られる
  • 企業との交渉がうまくいきやすい

 

こういった強みを持っているので、同じ業界での転職を考えている場合は、特化型転職エージェントは非常に強い味方になってくれます。

 

総合型転職エージェントの強み

総合型転職エージェント 強み

次は、総合型転職エージェントの強みについてざっくりと紹介。

  • 自分の新しい可能性を見つけることができる
  • 異業種転職で活躍する
  • エージェントの経験値が高い
  • 求人数が圧倒的に多い
  • 年収アップに期待が持てる

 

こういった強みを持っています。

総合型転職エージェントの場合、年齢が若ければ若いほど有利です。

 

※詳しくは、総合型転職エージェントの特徴を参照下さい。

 

また、転職エージェントを利用する前に知っておきたいことについては、転職エージェントを利用する前に知っておきたい6つの真実で詳しく解説しています。

 

違いをざっくりとまとめると・・・

違い まとめ

特化型転職エージェントと総合型転職エージェントの強みをわかりやすくまとめると以下の通り。

特化型転職エージェント 総合型転職エージェント
自分のスキル 今のスキルを伸ばすことができる 自分の新しいスキルを発見できる
給料面   自分のスキルにあった給料 スキル次第で今よりもかなり高くなる
求人数 数に限りがある 求人数が豊富
転職について 業界間での転職に有利 異業界への転職に有利
エージェントの質 業界に特化している。
正し、経験に不安あり
専門性に欠ける。
正し、経験値が高い

 

詳しくは、特化型転職エージェントと総合型転職エージェントの違いという記事をご参照下さい。

 

特化型転職エージェントのまとめ

特化型転職エージェント まとめ

最後に特化型転職エージェントについて学んだことをおさらいしましょう。

しっかりと整理することで、あなたの転職活動は間違えなく有利に働きます。

特化型転職エージェントの特徴
  • 専門的な求人を取り扱っている
  • エージェントが専門分野に精通している
  • 現在のスキルを転職先でも活かしやすい

 

特化型転職エージェントのメリット
  • 現在の自分のスキルを最大限に活かすことができる
  • 業界全体の動向について理解することができる
  • 業界出身のエージェントが多く、業界に関する知識・経験が豊富
  • 企業とのつながりが深く、企業への融通が利きやすい
  • 転職活動におけるミスマッチを未然に防ぐことができる

 

特化型転職エージェントデメリット
  • 異業界への転職が難しい
  • 自分の新しい可能性を見つけることができない
  • 利用できる転職エージェントの数が少ない
  • 求人数が少ない
  • 地方に対応している転職エージェントが少ない

 

転職エージェントは使い方によって自分の味方にも敵にもなります

特化型転職エージェントと総合型転職エージェントの違いを理解し、転職活動を有利に進めていきましょう。

 

また、年収1000万円を達成したmotoさんがおすすめしている転職エージェントは転職アンテナから見ることができます。

 

Motoさんの転職ノウハウが詰まった転職と副業のかけ算は、以下のボタンをクリックすることで詳細ページに飛ぶことができます。

 

【年収240万円だった地方のホームセンター店員が4回の転職を経て、年収1000万円にまで這い上がった転職方法。タイトルの通り、副業についても触れています。】

 

以上、特化型転職エージェントの特徴でした。

ABOUT ME
どーの先生
現役保育士です。保育士として働きながら、保育士の役立つ情報をブログで発信しています。保育士歴は5年目で、新卒採用担当・新卒研修担当も担っております。保育士になる方法や指導案の書き方など、保育士の悩みをどんどん解決していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA